みんなで考える住まいのかたち

  • もっと家の話をしよう
  • 入居者インタビュー
  • 住まいのコラム
  • アンケート
  • ちんぷんリノベ村
はじめまして「この家を売ろうと思います」
story | 2015.4.24
メグミさん(39才)
結婚間近のマンション持ち。

はじめまして、メグミです。文房具メーカーで事務をしています。
子どものころから貯金が大好き。お買いものは現金派。自分でいうのもなんですが、いわゆる非常に堅実なタイプだと思います。よく冗談で「おとなしそうに見えて計算高い」なんていわれるけれど、私にとってそれは褒め言葉。通帳をぱらぱらと見ながら、ビールを飲む時間が至福な39才です。
 
29才の時に、貯めたボーナスを頭金にしてこの家を買いました。築9年、2500万円の1DK(40㎡)の中古マンションです。同期の女の子たちがブランドバッグや高級ホテルのランチに夢中になっているのを横目に、お弁当&水筒生活でコツコツとお金を貯めつづけ、30才の誕生日をむかえる目前に、ぽん!と買ったのがこの家(そのときのみんなの驚いた顔といったら!)。頭金500万円で、月9万円の返済も、繰り上げ返済をして半分まできたところ。すべて計画通りです。
こないだ同期のタエちゃんがやってきて、新築マンションを買いたいっていっていたけど、大丈夫だったかな。そういえばタエちゃんは、いつも新作のおしゃれなバッグを持っていたっけなあ。バッグなんてどうせすぐダメになっちゃうんだから、家を買っておけばよかったのにね。
 
タエちゃんには話しましたが、先日、つきあっている彼にプロポーズされました。のろけさせてもらうと、つきあって2年目の彼は6才年下。素直でイケメンな食品メーカーの研究者です。思えば28才の夏、9年つきあった別の彼に振られ、道ならぬ恋に走りそうになったこともあったけれど、こうして無事に輝く人生計画に戻ってまいりました。
 
あとはこのマンションを売って、彼との新居を探せば完璧。買ったときは「もう、結婚はあきらめたんでしょ」なんていわれてたみたいだけど、はじめから独身時代用のマンションのつもりだったんでーす。当初の予定より少し(かなり)長めに住むことになってしまったし、毎日癒してくれるトイプードルのコロッケちゃんのかわいい爪痕が床についてしまったけど、まだまだ築19年。場所も悪くないし、売却したお金で彼との新居の半分くらいはまかなえるでしょう。
 
というわけで、来月マンションの資産価値を見てもらおうと思っています。

村民第二号は、タエさんの同期で “しっかり者のメグミちゃん”です。
タエさんも憧れる自慢のマンション、一体いくらで売れるのでしょう?
マンションの資産価値とはどこにあるのか。ぜひみなさんのご意見をお聞かせください。

みなさんのご意見・ご感想を
お聞かせください。