みんなで考える住まいのかたち

  • もっと家の話をしよう
  • 入居者インタビュー
  • 住まいのコラム
  • アンケート
  • ちんぷんリノベ村
妻が育休を終えました
story | 2015.8.7
ロクロウくん(33才)
6畳一間住まいのフリーター。
妻リカさん(33才)、
娘ユメちゃん(1才)の
3人暮らし。

お風呂に入れて、おむつを替えて、時にはイラ立ちがちな妻のためにケーキ屋に走って…妻が妊娠中のため住宅ローンの審査に通らなかった一件から、僕は虎視眈々と待っていました、この時を。えーと、ご報告が遅れてすみません。リカは1年前に女の子を出産。そして産休・育休を終えて、再び書店に復帰することになりました! 赤ん坊がやってきて6畳一間はいよいよ狭くなりましたが、次に引っ越しする場所は、賃貸ではなく、絶対に持ち家と決めています。ねぇユメちゃん、ママにローンを組んでもらって、広いお家を買おうねー。

しかし不思議なもんですね。6畳一間でも家族3人、意外に暮らせちゃうんです。朝起きてふとんを畳む。食べるときはそこにちゃぶ台を置く。食べ終わったらそこで作品づくりをする。持ち物をなるべく減らして、つねに片付けながら暮らせば、ベビーベッドがあったとしても、快適に暮らせちゃうんです。いかんいかん、この暮らしに慣れちゃダメです。でも、今後もっと広い家に引っ越したときにも、この生活スタイルは基本にしてもいいかもしれません。

ところでユメちゃんが生まれてから、とても気に入っている散歩コースがあります。駅前から徒歩20分ほど。バスに乗ってもいい距離ですが、僕はベビーカーを押しながら、ここまで歩くのが好きなんです。昔ながらの児童公園、大きなサクラやイチョウ、自然と一緒に呼吸しているようなゆったりとした雰囲気は古い団地だからこそ、醸し出せるものです。棟ごとに掲げている数字の書体も、味わい深くていいよなあ。美大出の血が騒ぎます。

何度もこの団地に通っている僕ですが、じつは今日はじめて知ったことがあります。団地といえば賃貸とばかり思っていたのですが「分譲」もあるようなのです。散歩途中に顔見知りになって時々話す、羽振りのいい自由業風のパパ友から仕入れた情報です。
「ずいぶん安いみたいだけど、エレベーターなしで築年数も相当みたいだからねぇ。どうなんだろう」
そうですか。今住んでいるアパートがそもそも築45年だし、僕、そういうの気にならないタイプです。
でもずいぶん安いって、どのくらいなんだろう。だってあなたの安いと僕の安いって、だいぶ違うでしょう?…あっ、これは、心の中のつぶやきです。


いつのまにか、すっかりパパになっていたロクロウくんです。そしてまだローンが組めるかわからないのに、ぐぐっと気になるのが分譲団地。
古い団地って実際どうなんでしょうか。率直なご意見をお聞かせください。

みなさんのご意見・ご感想を
お聞かせください。