みんなで考える住まいのかたち

  • もっと家の話をしよう
  • 入居者インタビュー
  • 住まいのコラム
  • アンケート
  • ちんぷんリノベ村
  • 小さい住まい
千里青山台団地物語
団地の中でバーベキュー! DIYキャラバンツアー箕面粟生団地
column | 2016.1.13

前回お伝えしました「DIYキャラバンツアーin森ノ宮」に引き続き、今回は箕面粟生(みのおあお)団地で行われたイベントをお届けします。

箕面粟生団地は、大阪府箕面市にある大型の団地です。最寄駅は、千里青山台団地新千里西町団地新千里北町団地と同じく、北大阪急行 千里中央駅や阪急千里線 北千里駅ですが、そこからバスで20分ほどの閑静な場所にあります。

他の団地に比べてバス圏になるのでアクセスは少し不便に感じますが、箕面の山がすぐ近くにあるとても気持ちの良い場所で、団地内にあるショッピングセンターには外からもたくさん人が集まる、とても活気のある団地。そして団地DIYの先駆けとしても、全国的に多くのメディアに取り上げられている場所であり、今回のDIYキャラバンツアーも、その仕掛けを活かしたイベントとなりました。

これが、団地の集会場に設けられた多目的コンロを利用したバーベキュー大会。住環境としてとても恵まれた箕面粟生団地には、もうひとつ特徴的な面があります。それはDIY環境が圧倒的に充実しているということ。

DIY用の工作室に、今回のメイン会場となる集会場のバーベキューグリル。知名度の上がり始めた「団地DIY」も、その先駆け的な存在の久米まりさんとコラボした住戸を設置し展示しています。箕面粟生団地は、まさに団地DIYの拠点的な存在なのです。

住戸を自由に見学できるスタンプラリーでは実際の部屋も公開され、訪れる人を驚かせていました。お母さんに限らずお父さんからの評判もよく、あまりの変わり様に「本当にここまでしていいんですか?」と尋ねる方も。

理想の部屋を自分の力でつくってしまえる、URのDIYプラン。久米まりさんがプロデュースされたDIYモデルルームは、楽くて参考になるアイデアに溢れています。ぜひ、見学にお越しください。

さて、同じDIYでもこちらは住民の全員が楽しめるようにと作られたバーベキューグリル。昨年の完成記念イベントが好評だったことから、第2回目の開催となりました。その人気を示すように、今回は募集開始からあっという間に定員になったとのこと。

集まった皆さんは、この団地にお住いの方から近所の学校の学生たちまで様々。特に小さなお子さんを連れた方が多く、「子どもが生まれて小さなうちは、アウトドアは手掛かりますから」と、このイベントをお子さんと一緒に楽しんでいる様子でした。

緑のエプロンをしたDIYキャラバン隊も総出でお肉を焼いて、出来立てをいただきます。大きな串焼きやパエリア、果てはデザートの焼きバナナなど、一風変わったオシャレメニューを披露してくれたのは、アウトドア芸人のたけだバーベキューさん。

周囲を巻き込んで盛りあげる姿には、さすがというほかありません。「簡単にできちゃうんです」と目の前で実践して体験させてくれるので、「なんとか作れた!」「次は自分だけでもできそう!」と、バーベキューの楽しさを知ってワクワクが溢れているようでした。

お腹がいっぱいになったら、お約束の掛け声で元気に記念撮影。バーベキュー教室のあとにも、コーヒーのバリスタ講座や木工体験といったDIYづくしのイベントで参加者を飽きさせません。

色々なカタチのDIYに溢れた、URのDIYキャラバンツアー。もし興味のある方は、ぜひイベントに参加してみてください。たくさんの情報を調べているのも楽しいですが、実際に作業をしている人や場所に触れてみたら、新しい発見があるかもしれません。その感想や、活動に対するご意見をいただけたら、とても嬉しく思います。

みなさんのご意見・ご感想を
お聞かせください。