みんなで考える住まいのかたち

  • もっと家の話をしよう
  • 入居者インタビュー
  • 住まいのコラム
  • アンケート
  • ちんぷんリノベ村
  • 小さい住まい
連載:初心者が家を買う
他人の家をのぞき見(1) 新築マンションの場合
column | 2010.8.3

FUJI 男性・独身。30歳代後半。
私が「実際に家を購入するまで」の顛末記を連載することになりました。
アタマの中で考えているだけではラチがあかないので、今回からいろいろと出かけてみます。
いずれ、他人の家ではなく、自分の家の候補を見に行かなくては...。



みなさん、こんにちは。FUJIです。

前回反省したとおり、今回はお出かけしてきました。やはり、実際の物件を見て、いろいろ感じることがあるだろう、というわけです。

ちょうど私の身の回りで、つい最近、家を購入した知人が多いんですよ。それで、そこを見て回ろう、と。モデルハウスとかを見に行くよりも、誰かが購入した家を見たほうが、その購入した人に、「何を動機でその家を購入したのか」とか、「どこは気に入らないけど、どこが気に入ったか」など、オープンな意見を聞くこともできるので、いいんじゃないかな、と思うんです。

さっそくですが、トップバッターは、私の両親です。なんと、私の両親がつい先日、マンションを購入したんですね。

これは私もちょっと驚きました。というのも、私は今は東京に住んでいますが、元々は地方の出身です。石川県です。今から20年弱前、18歳で東京に出てくるまでは、両親と一緒に住んでいました。両親はその後ももちろん、ずっと地方に住んでいたんですけど...。

ある日、父から電話がありまして、「おい、FUJI。お父さん、千葉にマンション買ったから、仕事のキリがよくなったら退職して、そっちで生活するぞ」とのこと。

父も母も石川の出身です。祖父母も。なのに、70歳近くにもなって、いきなり首都圏に移住する、というわけです。まぁ、子どもがみんな東京で働いているとか、父の持病の治療のために、首都圏にある病院につてがあるとか、いろいろ理由は言っていましたけど、母がいっていた「老後、地方に住んでいても楽しくない。東京のほうが楽しいじゃない」という一言が本音なのか、と思いましたけど...。

退職した夫婦がふたりで暮らす家って?


私の両親はこれまで家を買ったことがありません。何十年にもわたって、父の勤め先が借り上げている一軒家に安い賃料で住んでいました。

というわけで、両親にとっては、家を買うのは初めての体験です。東京のこともあまり詳しくありません。

というわけで、長男(私の兄ですね)にいろいろ相談していたみたいなんです。「どのあたりに住むのがいいだろう?」とか、「どの沿線がおすすめか?」とかです。

住む場所を決めるにあたっての条件は、こんな感じだったそうです。

老後の夫婦が住む場所

  • (1)もう老齢なので、一軒家だとメンテナンスがたいへんだ。だから集合住宅がよい
  • (2)一応、今はクルマの運転をするが、もっと齢をとったら運転がおぼつかないかもしれない。だから駅の近くがよい
  • (3)住む場所の駅で日常の買い物が済むように、デパートなど、ある程度駅前が発展している駅がよい
  • (4)とはいうものの、都心部に買い物に出かけたりもしたいので、都心まで30分以内でつく場所がよい


というわけで...、結果は常磐線沿線の某駅の駅前にあるマンションになりました。

両親と話していて思ったのは...、もう子どもが巣立ってしまった老後の夫婦には、また独特の要望があるんだな、ということです。

一般に家を購入するタイミングとして多いのは、「結婚を機に」、「子どもが生まれたのを機に」、「子どもが大きくなってきたので」というものです。すると、「子どもを育てるにあたって、住環境のよいところを」ということが、けっこう大切なポイントになりますよね。

トラックなどの往来の激しい大きな街道沿いとか、夜になると酔っ払いがいっぱいいる繁華街の近くなんかは、あまり好まれませんよね。でも、大人ふたりなら、そんなことはそれほど気にならなくなります。

それよりも、私の両親が購入したマンションは、常磐線のけっこう大きな駅から、歩いて3分くらいのところに建っています。周囲には、住居用のマンションすらあまり建っていません。周囲はオフィスや店舗が入っている商用のビルばかりです。

こういう立地条件のところだと、一軒家のための土地をみつけることはほぼ不可能ですよね。「大きなターミナル駅に近いところに住みたい」ということを優先すると、どうしても集合住宅を選択せざるを得ない場合が多くなります。

駅近の集合住宅のメリットとは?


私の両親は、「自分たちが、あと20年くらい住む」というイメージで家を購入したのですが、同時にこうも言っていました。「私たちがふたりとも死んだら、兄弟のうち誰かがこのマンションをもらう、っていうことになるんだと思うけど、誰もこのマンションを欲しくない、ということもあるでしょ? だから、こういう駅に近い物件だと、賃貸にしたりして、自分が住まなくてもうまく使えるんじゃないか、と思う」

なるほど...。子どものために、そんなことまで考えてくれてるわけか。確かに、私は都心部に住むのが好きなので、両親が購入したマンションに興味が湧きません。「住宅に何を求めるか」はたとえ家族であっても違うわけですから、両親のような考え方もあり、ともいえるでしょう。(それにしても、ずいぶんと子どもに優しい両親だなぁ。もっと親孝行しなくては、と反省しきり、です......)

さて、両親が購入したマンションの詳細ですが...、次回、報告しますね。

みなさんのご意見・ご感想を
お聞かせください。