みんなで考える住まいのかたち

  • もっと家の話をしよう
  • 入居者インタビュー
  • 住まいのコラム
  • アンケート
  • ちんぷんリノベ村
連載:初心者が家を買う
不動産会社について 皆さまからのご意見をご紹介します
column | 2010.11.2

FUJI 男性・独身。30歳代後半。
私が「実際に家を購入するまで」の顛末記を連載することになりました。
自分の家を買う(見つける?)までに、いろいろとすべきことはあるのですが、初めてのことが多く、遠まわりも多いのです。みなさんは反面教師にしてください...。



みなさん、こんにちは。FUJIです。

以前も一度、みなさまからのご意見を紹介したのですが、また、私にとってためになるご意見をたくさんいただきましたので、(ここで紹介できるのは一部なんですけど)掲載させていただきたいと思います。

とくに、「不動産会社に行く」に対しては、不動産のお仕事をしてらっしゃる方々からいろいろとご意見、ご批判をいただきました。後ほどご紹介しつつ、回答していこうと思います。

不動産会社でローンの相談をする?

初めまして、こんにちは。今年の6月に一軒家を購入した者です。(中略)相性の良い不動産屋さんとの出会いが、何と言っても大事だったと思います。私たちは、まず家づくりのサポートをしているところに相談に行き、土地探しのサポートとして、不動産会社を2件、紹介していただきました。そのうちの1件がファイナンシャルプランナーの資格を持つスタッフのいる、不動産会社でした。普通の不動産会社だと、ローンが組めるかどうかだけの判断になってしまいますが、将来それが払っていけるかどうか、ライフプランとしての判断が必要だからです。(中略)コンサルティング会社などに相談する事も可能ですが、その場合は、料金がかかります。(後略)

FUJIさんが話を聞いた担当者が資金計画まで相談にのってくれなかったのであれば残念でしたね。ちなみに、ウチの旦那は不動産会社で仲介の仕事をしています。エリアと土地・中古住宅・中古マンションの希望と用意できる頭金(自己資金)が大体決まっていれば、銀行ローンの借入れ金額とか月々の返済金額なんかも教えてあげます。(後略)


こんな感じの「不動産会社でローンの相談もするものなんじゃないの?」というご意見、他にもいただきました。

確かに、「無印良品の家」でも、単に「家」についてだけじゃなくて、土地探しとか、資金計画なんかについても、いらっしゃったお客様の相談に応じています。まぁ、「無印良品の家」は不動産会社じゃありませんけど...。

不動産仲介会社って、会社ごとの商品の違いが少ないから、お客さんへのサービス、つまり、資金計画の相談にものりますよとか、そういったことで競合他社との差別化をしている、という側面もあるんでしょうね。

前々回のコラム前回のコラムで「不動産会社は何社も行く必要はあまりない」って書いたんですけど、やはり、ちゃんと何軒も足を運ぶかいはありそうですね......。すみません。

銀行でローンの相談をした後、また不動産会社へ行くことになりますので、その際には何軒か不動産会社を回ってみます。

こういうところが、私以外の「無印良品の家」スタッフに、「FUJIはわかってないなぁ(笑)」といわれるところなんでしょう......。しかし、「家を買うことについて初心者であるFUJIが家を買うことに挑戦してみる」というのがこのコラムのテーマなので...、このコラムをを読んでいただいている皆様は、ひらにご容赦くださいまし。
M(_ _;)M

各不動産会社の情報は、ほんとうにみんな一緒?

「どの物件も基本的にレインズに掲載されているから、どこに行っても情報はほとんど変わらない」的な結論だと感じました。ある意味正しく、ある意味間違っているのでは?というのが率直な感想です。私は、不動産管理業(所謂、大家さん)を生業にしていますが、投資物件としての不動産を売却したこともありますし、購入も検討中の状況です。(中略)これまでの経験上ですが、「レインズ情報に載る前の情報」というものが確実にあります。近所の人になるべく知られないうちに売ってしまいたい...なんていうニーズは意外と多くあります。レインズに載せてしまうと、あっという間に情報は広がってしまいますから、しばらくは「内々で」処理する方向を模索して欲しい...というケースです。(中略)ですから、上記を踏まえると、今回の記事についてはやや疑問を持った次第です。

実際はレインズに登録されているのは売れ残り物件。優良物件は未公開、もしくは非公開のうちに売れてしまっているの実情です。  建売住宅の開発担当より


不動産関係のお仕事をしていらっしゃる方からもご意見をいただきました。「各不動産会社の持っている情報は、必ずしも同じではない」ということですね。

確かに...。そういう物件情報は必ずあるみたいですね。「無印良品の家」スタッフからも、「FUJIさん、このあいだのコラム読んだけど、『レインズ』に掲載されない情報ってのもあるわけだから、このあいだのコラムの結論は、ちょっと乱暴かな、と思うよ。まぁ、確かに『ほとんどの情報』はレインズに掲載されるわけだから、ああいう言い方が間違っているわけじゃないけどね」という感想があったのです。

(前略)で、長年相談してきた小さな不動産屋さんFの社長に頼んで、今回の物件の専任
M動産に問い合わせてもらったところ、いろいろ渋って資料を出さない。M不動産はいい物件を即売する自信があるので資料ができない、まだ外には出さない等、しぶったそうです。F社長に聞いてる間に、M不動産ではもう内覧者もどんどん決まり、F社長も「Mが抱えてるから、すぐにMから申し込んだほうがいい」といわれ、結局Mの担当者に内覧を申し込み、内覧後すぐに「この家を買います」と申し込みをしました。F社長から頼めないのですよね。本当に悔しいですが、いい物件のためには、不動産屋さんも選べなかったのでした。(後略)


なんと...、情報は共有していても、こんなこともあるのですね。うーん......。

なにはともあれ、不動産会社は1軒じゃなくて、何軒かまわってみることにします。その結果を、またこのコラムで報告することにしますので、よろしくお願いします。

家づくりの優先順位は、家族構成による?


あっ、そういえば、こんなご意見もいただいていたのです...。

(前略)それから私が心配なのは、FUJIさんが独身ということなので、もし将来ご結婚したあともその不動産に住むつもりなのかということ...。私自身、結婚して子供が生まれてから中古住宅を購入しましたが、重視したのは周辺環境です。日当たり・駅からの距離・買物の利便性・公園・将来の子供の学校・車移動が多くなったので道路の感じ・実家から近いとかです。間取りとか旦那の希望はその後順位になりました。(後略)


これはご指摘のとおりかと思います。

えええええぇぇ...、ごほごほ...、私事で恐縮ですが......、これまで「結婚できないまま四十を迎えるに違いない。家探しの前に嫁探しをしろ」とつっこまれてきた私、FUJIですが、実は先日、結婚しました。

もともと独り身であったにも関わらず、結婚することを勝手に想定し、結婚後の家族構成をも勝手に妄想して家探しをしていたのですが、これで晴れて現実となりました。


わぁー、ご結婚おめでとうございます。お祝いを伝えに7ヶ月ぶりにちょこっと登場してしまいました(笑)。それにしても、FUJIさんの結婚については、さんざんネタにさせてもらいましたけど、まさか、ホントに結婚できるとは...。いや、ホントに驚いちゃいましたよ。


結婚に向けて、まじめに家探ししているのが報われたんですよ!


まじめに家探しするのは、それはそれでいいんですけど...。K課長にちょっと聞いたんですけど、FUJIさんが奥さんに、「頼むぅ、結婚してくれぇ」って泣きついた、というのが真相らしいじゃないですか。まぁ、FUJIさんみたいな人と結婚してくれる奥さんは、ほんと、大切にしなくちゃダメですよ。


おっしゃる通りなので、何も反論できません......。(汗)


だいたい、「まじめに家探し」なんて言ってるけど、このコラムに原稿がアップされる頻度を見ている限り、まだまだ真剣さが足りません。先週、銀行に行った体験談も、早くコラム原稿に書いてくださいよ!


は、はい、すみません...。家探しもこれまで以上にまじめに精進しますので、ご勘弁を...。というわけで...、次回は「銀行へ行ってみた」編をお送りします。

みなさんのご意見・ご感想を
お聞かせください。