みんなで考える住まいのかたち

  • もっと家の話をしよう
  • 入居者インタビュー
  • 住まいのコラム
  • アンケート
  • ちんぷんリノベ村
  • 小さい住まい
夏、室内が暑くならないことにびっくりしました
interview | 2017.7.25

愛知県豊川市、「木の家」H邸。Hさんご一家はご夫妻とお子さま2人の4人家族。
暮らし始めて1年ほど経った「木の家」は、庭の木々も良い感じに馴染んできています。車庫から玄関へと続くアプローチの雰囲気がお気に入りというご主人、「家を建ててから庭仕事が趣味になりました。休みの日は子どもたちと遊ぶか、庭の手入れをしていることが多いです」と話します。

■建物概要
ご住所:愛知県豊川市
竣工年月:2015年7月
延床面積:105.98m²(32.05坪)

■ご家族構成
ご夫婦+お子さま2人

家を建てる前は「無印良品」で買い物をしたことがほとんど無かったというHさんですが、モデルハウスの近くをよく通る機会があったため、その存在は知っていたのだとか。
「育児休暇中に同僚から、将来家を買うつもりなら、時間があるうちにいろいろな家を見ておいた方が良いよとアドバイスを受け、近くにあった無印良品の家(岡崎店)に行ってみることにしました」(奥様)。

ご夫妻はモデルハウスの第一印象をこう振り返ります。
「かっこいいけど、自分がこれまで見てきた家と全然違ったので、生活のイメージが湧きませんでした」(ご主人)。
「家ってこんなにさっぱりしたつくりで良いの?と衝撃を受けたのを覚えています。明るくて開放感があるのが印象的でした」(奥様)。

Hさんが実際に家づくりの検討を始めたのは、それからしばらくしてから思いがけないきっかけでスタートします。
「いまから3年程前に、祖父が所有する土地の一部を譲り受けることになったんです。ちょうど固定資産税が上がるタイミングだったらしく、更地にしておくよりも家を建てた方が良いとのことで、急遽、数ヶ月の間に家を建てなければならなくなりました」(ご主人)。

住宅購入の検討を始めたHさんは、以前見た「無印良品の家」を思い出し、「初めての家づくり講座」に参加することにしました。
「講座に参加したことで、家づくりの考え方や資金計画がクリアになり、不安が解消されました」(ご夫妻)。
また、地元の工務店や住宅展示場などにも足を運んだそうですが、気に入る家は見つからなかったというご夫妻。その頃、まわりの友人や知人にも相談をしたといいます。

「母からは、部屋数が多い普通の家が良いんじゃないかと言われましたが、『無印良品の家』は他の住宅会社にはないデザインの良さがあるなと感じていました」(奥様)。
「祖父は瓦屋根の家が良いんじゃないかとアドバイスしてくれました。また、友人の一人からは『無印良品』は住宅専門会社じゃないけど大丈夫?と心配されましたが、最終的に、SE構法断熱性能の高さが決め手となってこの家を選びました」というご主人。

間取りは、設計担当者からの提案をもとに、ご主人からの要望を取り入れ微調整して完成。
「必ず実現したかったのは、岡崎店で採用していた無垢材のフローリング。モデルハウスで感じた気持ち良さを再現したいと思いました」と奥様。
また「脱衣所とは別に独立した洗面スペースを設けたのは友人からのアドバイスです」とも。

H邸の間取りは、1階にリビング、ダイニング、キッチン、水まわり。2階は寝室とフリースペース、お子さまが将来使うための個室が用意されています。
寝室にはウォークインクローゼットがあり、家族全員の衣類などを収納。

2階南側は全面がバルコニーになっていて、布団などを干すにも十分な広さを確保。玄関には大きめの収納スペースがあり、靴や屋外で使用する道具類が収められています。

「室内と外の空間が繋がっているような感じなので、祖父母は玄関を通らずに庭から直接野菜を届けに来たりします」(奥様)。
一番気に入っているところは、リビングの吹抜けというご夫妻。
「夏の夜中にリビングで授乳していたとき、窓を開けてシーリングファンをまわしていたら風がとても心地よかったです」と奥様。
「リビングから2階を見上げると開放感を感じます」(ご主人)。

「夏、室内が暑くならないことにびっくりしました。友人もエアコンが1台しかないと聞いて驚いていました。妻が育児休暇中で、日中はずっと家で過ごしていたにもかかわらず、電気料金は安くなりました。冬は室内が暖かいので、うっかり半袖のまま外に出てしまうことがありました(笑)」(ご主人)。

この家で暮らすようになってから、買い物の仕方も変わったと話すご夫妻。
「以前は、価格重視で家具や雑貨を買って、結局使わなくなってしまうことがよくありましたが、いまはちゃんと物を見て選ぶようになりました」(ご主人)。
「『無印良品の家』なので、やっぱり相性の良い『無印良品』の物を購入する機会が増えましたね」(奥様)。

「これからは、もっと庭仕事に力を入れたいです」と意気込むご主人。
「以前は、朝ギリギリまで寝て人いた主人が、早起きをして出勤前に芝の手入れなどをしていて、その変わり様に驚いています(笑)」と奥様は嬉しそうに話してくださいました。

みなさんのご意見・ご感想を
お聞かせください。