みんなで考える住まいのかたち

  • もっと家の話をしよう
  • 入居者インタビュー
  • 住まいのコラム
  • アンケート
  • ちんぷんリノベ村
  • 小さい住まい
新千里西町 Sさんの家
interview | 2014.7.8
いかにも現代的なセンスのいいお二人。音楽好きのご主人、すぐに目に飛び込むのがDJの機械。時々名古屋で仲間とイベントをするとか。
リノリウムの白の床がとても良く似合う手作りのシェルフ。ここにきてから何を買うのもすぐ買わずに、ゆっくり一緒に考えて買うのだとか。厳選されたものと、少ないもので暮らすお二人の暮らし方がこの住まいのたたずまいに魅力をかもしだしていました。

「こんなオシャレにリノベーションされると、築40年以上経っているとはとても思えませんでした。団地は車が走る音は聞こえないのに、子供の元気な声が聞こえて、コミュニケーションの取りやすい環境です。部屋には光と風がよく取り込めるので、昼間は電気を付けずに暮らしています。」と喜んでいただきました。

お二人はもともと無印良品が大好きだったとのこと。お出かけする事も多く、二人の新婚生活を満喫している様子です。ご主人は、お寺のお坊さん。実家の仕事を引き継ぎ、お寺で修行を積んだ曹洞宗のお坊さんです。
手作りのシェルフは白い箱を積んでその間に、ホームセンターで買ってきた板を置いただけとのこと。白のボックスと白木のシンプルな棚がとても素敵でした。

窓の上に置かれているアンティークの時計はお店に何度も足を運んでじっくり選んで2人で決めて買ったもの。比較的時間に自由で、また料理好きのご主人が料理をすることも多いといいます。今回のキッチンについても十分な大きさとの事でした。

ダイニングに続いているリビングは、寝転んでくつろげるような床座の暮らし。テレビの奥にあるライトも印象的でした。無印良品が好きといっても、好きなライト、好きな家具、アンティークを自在に選ばれていてひとつひとつのものにこだわりがあるのです。

そして玄関脇のスペースに靴置き場を、手作りでつくっていました。ここでもお気に入りのものをすぐにだせるようにきれいに陳列されていました。「収納が無いようで意外とありました」とのことでした。

近くにお住まいのお母様も、この家をみて、とても気に入っているとか。若いお二人の住まいの工夫が、さらにこの家の魅力を引き出しているのかもしれません。

<基本データ>

場所:新千里西町団地(大阪府豊中市)
階数:3階
家賃:73,000円(月額)
間取り:MUJI×UR Plan 04[Re+004]
面積:43.98m2
世帯:ご夫婦

MUJI×UR Plan 04 [Re+004]「新千里西町団地」(大阪府豊中市)/43.98m2

みなさんのご意見・ご感想を
お聞かせください。