みんなで考える住まいのかたち

  • もっと家の話をしよう
  • 入居者インタビュー
  • 住まいのコラム
  • アンケート
  • ちんぷんリノベ村
新千里西町 Kさんの家
interview | 2014.7.8
部屋に入ってすぐに感じるものを持たない暮らし。とはいえ、必要なものをしっかりと持ちながらの整理整頓術。本人は照れくさがって「まだまだ」と言いながらも、その暮らしぶりは見事でした。

特にキッチンの下に置かれている調理器具へのこだわりには、料理へのこだわりも見せてくれました。もともと、片付けは苦手な方だが、見せる収納を心掛け、見えてもいいものを選ぶようにしているとか。

照明にもこだわっていて、白い壁にあたる光の陰を楽しんでいるといいます。
リビングは麻畳の上にクッションをおいての床座のくらし、ガラスのローテーブルも空間を広く見せる工夫が感じられました。テレビは簡単に持ち運びもできて、食事をつくるとき、お茶を飲む時、ダイニングテーブルで過ごす時間も多いとのこと。

キッチンとダイニングテーブルを平行につなげて広いキッチンダイニングテーブルにしていました。奥様が料理をする間もご主人も一緒にここで時間を過ごす、とても仲のいい新婚生活でした。
最初は、真っ白な空間に戸惑いもあったが、お気に入りの家具を置けば、すごく空間がはえてしっくりきたとおっしゃっていました。ご主人はインテリアにも、この家に住み始めてからとても興味がわいてきた、と、家が住む人にインテリアへの関心を引き出す事ができるなら本当に作り手としてはうれしい限りです。

ベランダにはウッドデッキも敷かれていて、限られた面積の外部空間もきもちのいい空間として演出されていました。休みの日には、窓を開け放して団地の緑と風を楽しまれているそうです。

機能だけでなく、置かれている小物へのこだわりもあり、とても素敵なディスプレイになっていました。
丁寧な暮らし、静かな時間が流れていた日曜日の午後の時間でした。

<基本データ>

場所:新千里西町団地(大阪府豊中市)
階数:1階
家賃:70,900円(月額)
間取り:MUJI×UR Plan 04[Re+004]
面積:43.98m2
世帯:ご夫婦

<入居者より>
■満足しているところは?
「空間を広く利用するということで収納部分の扉がオープンになっているところが多かったのですが、見せる収納を心がけることにより雰囲気のある空間ができました。床に使用された麻畳がとても心地よく、集いやすい場所になっています。」

■ひとこと
「低層階でも前後に十分な空間があるので日照・風通しともに良好です。民間の住宅だとこうはいかないのでは。こういったところもURの団地の良さかと思いました。」

MUJI×UR Plan 04 [Re+004]「新千里西町団地」(大阪府豊中市)/43.98m²

みなさんのご意見・ご感想を
お聞かせください。