みんなで考える住まいのかたち

  • もっと家の話をしよう
  • 入居者インタビュー
  • 住まいのコラム
  • アンケート
  • ちんぷんリノベ村
  • 小さい住まい
リバーサイドしろきた Wさんの家
interview | 2014.7.8
まるでモデルルームのように整理整頓されたお部屋。ものを持ちながらも、すっきりと整頓することで心地よい空間をつくりだしていました。 もともとインテリア好き、そして無印も大好きで、この部屋への入居が決まってから無印で家具を買い足したそうです。

日差しが差し込み心地よいリビング。ダイニングテーブル、ソファ、そして無印のスチールシェルフを2列に置き、手前は日用品や本等を収納、奥はクローゼット代わりにして洋服を収納していました。ファッション好きとのことで、かなりの洋服の数をお持ちですが、まるでお店のディスプレイのようにアイテム別、色別で洋服をすっきりと並べています。さらに押し入れ収納部分にも整理棚を設置して靴等をしまっています。全ての「ものの置き場所」が決まっていて、アイテム数は多いけれどそれを感じさせません。

そのシェルフの一部をディスプレイに使っていて、各地で買い集めたオブジェ等を並べていたたのも印象的です。コンセプトは白いもの、様々な白いオブジェを集めていました。見せる場所と隠す場所を効果的に使い分けていました。

仕事帰りや休みの日はリビングのソファでくつろぐことが多く、この部屋の暮らしを楽しんでいるそうです。

キッチンは使っていないのかと思わせるほど掃除が行き届き、水アカひとつない状態を保っているとのことです。家電は冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器等ほとんどが無印で統一されています。シェルフをキッチンの隣に置き、最低限の食器や食材を収納しています。普段はパスタ等簡単な料理をすることが多いそうですが、今回のキッチンのサイズも十分とのことでした。

麻畳の部屋にはセミダブルのベッドを置いてベッドルームとして使っています。押し入れ部分にも同じ箱を並べ、日用品や小物等をしまっています。カーテンを開けるとさんさんと日差しが入ってきて、毎日気持ちよい朝を迎えているとの事です。

「モノが整頓されていなかったり、家具のサイズが揃っていなかったりすると気持ち悪い」とWさんは言います。部屋の隅々まで整頓され、掃除も行き届いており、MUJI×URでの暮らし方のお手本のような部屋でした。

<基本データ>

場所:リバーサイドしろきた(大阪市都島区)
階数:7階
家賃:81,600円(月額)
間取り:MUJI×UR Plan 02[Re+002]
面積:60.62m2
世帯:ひとり暮らし

<入居者より>
■入居のきっかけは?
「もともとはURの手がけるマンションに10年近く暮らしていたのですが、そろそろ場所を変えようと思って住宅の情報を集め始めていた時にこのプロジェクトを知りました。元々の家よりも職場から少し遠くなるので応募するか少し悩んだのですが、無印が手がけるリノベーションということでとても興味があり、応募しました。」

■満足しているところは?
「日当りも良いし、景色も遠くまで見渡せて、毎日とても気持ちよいです。設備自体は以前住んでいたマンションの方が整っているのですが、古さやちょっとした使いづらさを含めて、団地の暮らしを楽しんでいます。また、内装がすっきり白で統一されているので、無印の家具が溶け込み、とても清潔感のあるすっきりした空間になっているとことですね。何より無印の家に暮らせるというのは無印好きにはたまりません(笑)団地での暮らしという点では住人の方とのあいさつが日常的にあったりして、オートロック等のセキュリティはありませんが、団地全体で治安を保っているような感覚があります。とても快適です。」

MUJI×UR Plan 02 [Re+002]「リバーサイドしろきた」(大阪市都島区)/60.62m²

みなさんのご意見・ご感想を
お聞かせください。