みんなで考える住まいのかたち

  • もっと家の話をしよう
  • 入居者インタビュー
  • 住まいのコラム
  • アンケート
  • ちんぷんリノベ村
第3期第10回「親と子の住まい方」について
anquete | 2016.9.15

今回のアンケートでは、親と暮らすこと、子どもと暮らすことをテーマに、同居、近居、別居のあり方についてお聞きしました。たくさんのご参加ありがとうございました。
このアンケート結果を受けて、「近居」を想定した間取りをいくつかご提案しているアンケートも実施しましたので、ぜひご覧ください。

>第3期第11回「親と子で借りて住む、2つの部屋の間取りについてのアンケート

●回答総数:19,744名
●実施期間:2016年6月16日(木)~ 6月23日(木)

回答者のプロフィール

年代
世帯形態
親と子で同居しているか
親、子、どちらの立場で回答したか

同居の間取りについて

同居をしていない方(親世帯と子世帯が別々に住んでいる方)に、もし、親子で「同居」した場合に、玄関、トイレ、お風呂、キッチンをそれぞれ共有をしたいかどうか、その意向をお聞きしました。

子の立場での回答

親の立場での回答

意外な結果と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、親よりも、子のほうが間取りを共有することに肯定的です。

親と子で同居をする際に、キッチンを共有するか別にするかどうかは、とても重要なポイントです。
キッチンは、家族の食事と大きく関わります。食事の仕方について、現在親と子で同居している方にはその実態を、同居をしていない方には、もし、親子で「同居」した場合についての回答を比較しました。

現在同居をしている方で、朝昼晩3食を別にしている方は、22%です。同居をしていない方で、子の立場で回答された方の意向と、同居をしている方の実態がほぼ一致しています。
ここでも、一緒に食事をするかどうかについて、親よりも、子のほうが肯定的です。

近居の間取りについて

同居をしていない方(親世帯と子世帯が別々に住んでいる方)に、もし、親子で同じ集合住宅内で「近居」した場合の、住まいの間取りについてお聞きしました。
※「近居」とは、親と子の世帯が、2km以内の距離に住むこと

子の立場での回答

親の立場での回答

親・子ともに同じ傾向となっており、最も距離の近い、ほぼ同居といえる「バルコニー同士がつながる部屋」が最も共感度が低く、最も距離の遠い「別の棟の別の部屋」が最も共感度が高い結果となりました。
「同じ集合住宅内で『近居』した場合」とお聞きしましたが、「隣り合わせの部屋」「上下階の部屋」「バルコニー同士がつながる部屋」は、「これは『近居』ではなくほとんど『同居』である」、と判断されたといえるかもしれません。

また、もし、「近居」した場合の、親子で会う頻度についてお聞きしました。

「近居」をした場合、親よりも子のほうが、会うことに積極的のようです。親と子、どちらの家で会うのか、どちらの家で一緒に過ごすことが多いのか、このあたりが「近居」の住まい方のポイントになっていくような気がします。


「同居」のメリット・デメリットについて

同居をしていない方(親世帯と子世帯が別々に住んでいる方)と、現在親と子で同居している方、それぞれに「同居」のメリット・デメリットをお聞きしました。

メリットと思われること:同居をしている方のご意見

メリットと思われること:同居をしていない方のご意見

同居している方のご意見では、すべての項目に対して、親よりも子のほうが同居のメリットを強く感じているようです。親が、最もメリットを感じているのが、「何かあった時の安心感」、子が、最もメリットを感じているのが、「費用・経済面」です。
「家事の負担・分担」に関して、親と子ではメリットと感じる度合いに差があります。今回のアンケートでは、親世帯に家事・経済面の負担・分担が多くかかっている現状を表しているのかもしれません。

デメリットと思われること:同居をしている方のご意見

デメリットと思われること:同居をしていない方のご意見

とくに際立っているのが、同居をしていない親の立場から見て、55%と最もデメリットと感じる割合が多かった「近くにいるという距離感やわずらわしさ」が、同居をしている親では、19%と1/3以下になっています。
全体的に見ても各項目で、実際に同居をしている人の方が、圧倒的にデメリットと感じている割合が少ないです。

その中で「家事の負担・分担」が、同居している親からは、最もデメリットと感じる割合の高い項目になっており、3世代同居の場合、子世帯が親世帯に家事の面で頼っている姿が浮かび上がっているといえるのではないでしょうか。


「近居」のメリット・デメリットについて

もし、親子で同じ集合住宅内で「近居」した場合のメリット・デメリットをお聞きしました。
※「近居」とは、親と子の世帯が、2km以内の距離に住むこと

メリットと思われること

デメリットと思われること

各項目とも親と子の感じ方はほぼ同じ傾向にあり、さらに、同じ項目を比べるとメリットと感じられる割合が高いことです。また、「近居」は「同居」に比べて、経済面でのメリットを感じている方がとても少ないのも大きな特徴です。
UR団地では「近居割」という、親世帯とその子世帯が同じ団地内や近くの団地で別々の住戸を借りる場合、家賃の割引をします、という制度があります。
団地での「近居」なら、それぞれの世帯がそれぞれのペースで無理なく、しかもお互いを補完しあいながら暮らせそうです。まだ実際の例は少ないかもしれませんが、「近居」は、親・子・孫の3世代が暮らすかたちとして、多くの人に受け入れられる可能性が高そうです。
さいごに
今回のアンケートでは、親や、お子さんがいない方のデータも分析しておりますが、ご報告したレポートの全てには反映していません。同居・近居の特性をわかりやすく見せるためです。
みなさまからのデータは大切に扱わせていただき、今後の暮らし方の研究に活用させていただきます。
ご回答いただいたアンケートは、属性別に集計・分析をして傾向をつかむだけでなく、フリーコメントでいただいたご意見を担当者がすべてに目を通し、それぞれの立場・視点で読み込み、議論することで商品開発の参考にさせていただいています。貴重なご意見をありがとうございました。
みなさんのご意見・ご感想を
お聞かせください。