みんなで考える住まいのかたち

  • もっと家の話をしよう
  • 入居者インタビュー
  • 住まいのコラム
  • アンケート
  • ちんぷんリノベ村
古い団地の値段を知った
story | 2015.8.21
ロクロウくん(33才)
6畳一間住まいのフリーター。
妻リカさん(33才)、
娘ユメちゃん(1才)の
3人暮らし。

バイトヘは自転車で。本は図書館で。昼は弁当で。そんな暮らしをしているものだから、あんまりお金に頓着しない方です。財布に3,000円もあればオッケー。発泡酒にコロッケとメンチカツでもあれば幸せ。本来の僕はそんな安上がりな男です。しかし最近の僕といったら!4,000万円の一戸建てにふぅ。2,000万円の3LDKマンションにほぅ。8,000万円の高層マンションにはぁ? 絶対家を買おうと決めてから、家の価格というものが気になってしかたなくなりました。作品づくりのために集めたダンボールに、マジックでローンの支払い計画を書き込み始めたりして。なんか僕変わっちゃったのでしょうか。

育休が開けてリカが働き出してくれたおかげで、銀行はお金を貸してくれそうな雰囲気ではあります。でもできれば、できるだけ家は安く買いたい! ローンに生活を支配されてはアーティストなんて、やっていられません。そうだ、あの団地、いくらなのか調べてみよう。
娘のユメちゃんとのお気に入りの散歩コースに建つ古い分譲団地が “ずいぶん安い”とパパ友に聞いたのですが、気になっていたものの、実際にはまだ価格を調べてはいませんでした。「カゼガオカ団地 分譲 値段」と、ネットで調べるとすぐにいろいろなことがわかりました。

目に飛び込んできたのは、まず380万円の文字です。サンパチゼロ。うそっ。えー、安いなあー。数字3ケタの家の価格を見たのは初めてです。続いてこの部屋は3DKの5階で、建物自体は築49年であることがわかりました。もう少し調べてみると2階はリノベーション済みで900万円台と、同じ団地の中でも状態やフロアが違うと価格にずいぶん差があることもわかりました。エレベーターなしだから、5階ともなるとけっこう辛いんだろうな。でも、階段が大変でも内装が古くても、断然5階の380万円っしょ。

もうここしかない。見に行くしかない。僕はさっそくネットに書いてあった不動産屋の電話番号に連絡をして、内見をする予約を入れました。リカもこの団地の散歩コースが好きだから、きっと気に入ってくれるに違いないよね。築49年。49才かあ。なぜかバイト先のスーパーの、年のわりにはちょっと若くてきれいに見える、化粧品コーナーのミチコさんが思い浮かんできました。…悪くないかも。


思っていたよりずっと安かった中古の分譲団地の価格に驚くロクロウくんです。価格が低い、高い。みなさんは家の価格に驚いたことはありますか? そこはどんな家でしたか? ぜひ教えてください。

みなさんのご意見・ご感想を
お聞かせください。